スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

原爆をめぐる長崎と小倉の縁

私が今たまたま住んでる北九州(小倉)は




官営八幡製鉄所以来の製鉄所や

筑豊の石炭の積み出し港があり、

工業生産の拠点でした。




その破壊も目的だったのでしょう、


長崎に落とされたの原爆は、

本当は北九州に投下される予定でした。




ところが雲に覆われ、爆撃機は長崎へ。

運命を分けたのは空を覆った雲でした。




そういう事情もあって、昨日、北九州では

慰霊の行事が市長や幼稚園生などによって

しめやかに行われていました。




ゆえさんの記事のコメントにも書きましたが




私は中学の修学旅行で原爆資料館を訪ねました。


当時は先生方がとても平和教育に熱心な時代でしたから、

ありがたいことです。




そこでわかる真実は


とうてい教科書ではわからないもの。


行ったことのない方は、ぜひ広島でも長崎でも

原爆資料館に行ってくださいね!




日本に生れてこそ、愛と対極にある「核」の

恐ろしさを、その真実を知ることが

できるのですから。




わたしたちがここに生まれた理由の一つが

そこにあるのです。




太古より多くの星が、文明が核で滅んできたのです。




米国が残虐なことをした、というかもしれないですが

その米国の核の傘の下に今、生きているのが私たちです。




核を是とするか、拒むのか、今の自分自身の選択の問題。

態度だけはクリアにありたいものです。

その思いは現実を作り出すのですから。




核兵器の真実とは、とても現状追認できるような

現実ではないということを


ぜひ長崎や、広島を子らと共に訪ねて知ってください。




そして現在進行形であること




被爆二世三世の人生があり、


チェルノブイリの周辺や、


原水爆の核実験場周辺で今も


後遺症や病に苦しむ人々、その子供たちがいることを




今日もありがとうございます。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

1 ■賛成です☆

 学校で教えなくなりつつある今。
 御子様と一度は、原爆資料館 を 訪れる…。
 とても大切なことです☆

 私ひとりでは、1995年に訪問しましたが…。衝撃的でした。平和を行動する、貴重なはじまりになった。


はまゆふさんに、賛成一票です。

2 ■S~☆Disneyさん

いかれたのですね
どんな言葉も
真実を伝えきる事は難しいだから、勇気を持って
訪ねてほしいと思います

もちろん被害だけでなく戦争では私たち日本人がアジアの人々を苦しめた側面もあります

誰が悪いとかではなく
核がどういうものかを
通常兵器とは明らかに違うレベルで
人の道に外れたものだという事を体感する機会を
広く与えられているのは、私たち日本人だけなんですよね

ありがとうございます(^^

3 ■(^^)>hamayufuさま

こちらこそ。
いつもアリガトウ☆
line
line

FC2Ad

line
☆ヒーリング整体のメニュー
line
☆サイトマップ
line
☆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
☆プロフィール

はまゆふ

セラピスト:はまゆふ
アロマ環境協会認定インストラクター。臼井レイキ、サードディグリー修了。ボディセラピストスクール卒業後、リラクゼーション整体サロンも経験。自宅でアロマ化粧品の講習、リラクゼーション、レイキヒーリング、天使のアチューンメントを提供。

line
☆recent posts
line
☆recent comments
line
☆リンク
line
☆counter
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。