スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

自分がその不安にこだわるかどうかによって

天地人 (NHK大河ドラマ)で北高全祝(ほっこう ぜんしゅく) が達磨大師の言葉で諭していました。
彼は幼い頃の兼続たちを教育していた越後上田庄の禅寺・雲洞庵の住職。達磨大師は禅宗の始祖。


弟子から
私の心は、今不安です。私に、どうぞ安らぎの心をお与え下さい、と聞かれた禅宗の初祖、達磨大師


よし、お前の心を安らかにしてあげよう。その不安の心をここへ持ってきなさい、と命じます。

弟子は不安の心を探し求めましたが、結局、探しえることができません


不安は実体的に存在している物ではない、と弟子が言うと達磨は

「はい、私はおまえの不安を解消してやったよ」と答えます。


本当はこれが不安だという心など、どこにもないからです。

そのありもしない「不安な心に」にこだわって、あれこれ悩んでいるのは自分自身。


大師は弟子が自ら愚かさに気付かせることで安心を与えたのです。

不安が心の中に頭をもたげることは誰にでもあること。


しかし、自分がその不安にこだわるかどうかによって、

不安は不安となってぐるぐると果てしなく存在し続けることもあれば、

いつしか消えてしまう、あぶくにもなるのです。


心配とは、心を配る、と書きます。不安は、安らかが無い。

心配とは自分や他人に気を配ること、それはよいでしょう。


しかし、不安がる必要はないも無い。


今、この瞬間にフォーカスを当てることが大事ではないでしょうか。


達磨大師の説話は、

名禅百話―人生の真理と不動の心を求めて

(PHP文庫)(武田鏡村著)にも紹介されています。




スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
☆ヒーリング整体のメニュー
line
☆サイトマップ
line
☆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
☆プロフィール

はまゆふ

セラピスト:はまゆふ
アロマ環境協会認定インストラクター。臼井レイキ、サードディグリー修了。ボディセラピストスクール卒業後、リラクゼーション整体サロンも経験。自宅でアロマ化粧品の講習、リラクゼーション、レイキヒーリング、天使のアチューンメントを提供。

line
☆recent posts
line
☆recent comments
line
☆リンク
line
☆counter
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。