スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

宝石のような果物

私の故郷・倉敷で夏の果物といえば白桃とマスカット。どちらも香りが素晴らしい名品です。店先にも香りが漂います。

今日はそのマスカットについてご紹介します。て、何気なくエジプトネタなんですが(笑)
はまゆふの☆しあわせアロマ☆ヒーリング
マスカットは数種類ありますが、日本で栽培されているのはマスカット・オブ・アレキサンドリア。

ネオマスカットや、交雑種のマスカット・ベーリーAはアレキとは別物です。


古代エジプト原産で、2000年前から栽培され、クレオパトラにも愛されました。アレキサンドリア港より世界に広まったまったことが名前の由来です。

姿の美しさ、爽やかなエメラルドグリーンの色合い、しっかりした味わい、じゃこうのような気品ある香りが魅力的。

一粒がとても大きくて、手で皮をむいて食べます。質が良いので皮も食べられます。凍らせてフローズンデザートにするのも美味しいです。

贈答用の上質品は、2房で5、6千円。一粒数百円します。

日本のマスカット栽培は、気候の適した岡山県内で90%を占めます。中でも倉敷市の船穂町で温室栽培マスカットのシェアでは全国の約4割を占めます。明治19年から栽培を手がけ120年の歴史があり、100戸を超える農家が生産に携わっています。

多雨の日本ではマスカット栽培は不向きです。雨はぶどうに病気を呼ぶからです。雨が少ない瀬戸内の気候でさえ、栽培が根付くには、苦難の歴史がありました。ハウスでの加温栽培など、独自の手法を改良し続け、味わい深いマスカットの収穫に成功したんです。上質なワインに仕込むため、樹上で完熟させ遅摘みしています。糖度を得て種まで完熟させると芳醇な香りを放ち、収穫を迎えるんですねー。

そして、このマスカット・オブ・アレキサンドリアを使ったワインが、倉敷で生まれました。甘口と辛口があります。
はまゆふの☆しあわせアロマ☆ヒーリング
甘口はかすかな黄金色で品の良いアロマがします。強い果汁味と粘度があり、上品な甘味が広がります。これはデザートワインです。

果物と一緒に飲むと合います。

辛口はほぼ無色。柑橘系を思わせる、爽やかな香りが最初にきます。シルキーな口あたりで、喉ごし滑らか。特有のじゃこうのアロマと発酵の香りが広がの長い余韻が続きます。

これはオリーブオイルを用いた料理に合います。

夏、岡山に来られたら、ぜひアレキと白桃のかぐわしい香りと上品な甘みを味わってくださいね。ちょっと高いですけどもねー、その価値はあります。こんな美味しいブドウや桃があったのか、、、とイメージが変わってしまうと思いますよ(#^.^#)

こちらでネットショッピングもできますよ(マスカットはまだこれからです)
おいしいおかやま Webショップ JA全農おかやま 園芸部

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
☆ヒーリング整体のメニュー
line
☆サイトマップ
line
☆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
☆プロフィール

はまゆふ

セラピスト:はまゆふ
アロマ環境協会認定インストラクター。臼井レイキ、サードディグリー修了。ボディセラピストスクール卒業後、リラクゼーション整体サロンも経験。自宅でアロマ化粧品の講習、リラクゼーション、レイキヒーリング、天使のアチューンメントを提供。

line
☆recent posts
line
☆recent comments
line
☆リンク
line
☆counter
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。