スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

無添加☆手作りクッキー

今朝はオーブンレンジで
完全無添加☆手作りクッキーを焼きました。

材料はシンプル。
卵と小麦粉とバター、オリーブオイルと砂糖だけ
はまゆふの☆しあわせアロマ☆ヒーリング


クッキーというと時間がかかりそうと思うかもですが。

作りながら、オープンレンジをあらかじめ温めておけば
その後、十分くらいで焼きあがります。

焼き立ては美味しいですね。
はまゆふの☆しあわせアロマ☆ヒーリング

市販のクッキーとか
パンのほとんどには、ショートニングかマーガリンが。

トランス脂肪酸を摂取してしまいます。
アレルギー、心疾患等の原因ともいわれ、
欧米では制限されてますが日本は野放し。
「手作り」の店も結構、使ってます(-_-;)

植物油に科学的な水素添加処理をした合成油。
プラスティック油ともいわれ、腐敗しない、カビが生えない
=生分解できない油なので事業者には採算面で有利。

ミスドは切り替えましたが、日本のマックやケンタッキーの
フライ油はいまだショートニングのようです。
私もたまに食べますが、常食は絶対にやめましょう。


というのも、トランス脂肪酸の健康への影響に対する
マックの回答は、マックのお客様は月に二、三回しか
食べないから健康に問題はない、というもの。
頻繁に食べたら問題があることは否定していません

というか、アメリカのマックはすでに切り替えています。

法規制がなく、訴訟リスクもない日本は放置。

モスとかロッテリアのポテトは平気なのに、マックの
ポテトは胸やけがして沢山は食べれない、というのは
私だけではないのでは。

さて、クッキーですが細かく言えば、小麦粉も国産で
遺伝子組換えが入っていないものがいいですが、
値段が高くなるのでそこは妥協してます(笑)
余り突き詰めず手作りを楽しんでいます。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

1 ■マック

子どもは好きですからね…(-o-;)
わたしもマックのポテトは食べられない…モスのような太いポテトが好みではあるのですが、ショートニングの所為なのですね!
しかし子どもはマックのポテトが好き(-o-;)
(しかもマックとケンタは近くにあるので…)

うまく誘導していきます!

で、いま食べたかりんとう見たら、『お米の油だけを使用』とうたいつつ、原材料にはショートニングがっ!


クッキー、子どもも作りたがりますが、なぜかベタついてしまうのです!

トースター買って、クッキー作りも久しぶりにやりたいです♪

はまゆふさん、いつもありがとうございます(*^o^*)

2 ■無題

主人がマックずきで困ってます(;^_^A
マックのポテトは日本よりアメリカのほうが美味しいと主人が言うんですけど、
そういう事だったんですね~。
私も昔はマーガリン常食でしたが、トランス脂肪酸の事を知ってからバターに替えました。

3 ■まあさん

あ、味はショートニングだけのせいとは限りませんが(汗)

マックは元々は牛の油で揚げてました

しかし、動物性脂肪の健康へのイメージが下がって植物油に切り替え

しかし、コストが高くなるのでショートニングを採用したんでしょう。

おまけは、牛脂の風味を今まで通り出すために
合成香料を使っている事を。
日本人には要らない気がしますが、!

4 ■chiconyanさん

私、子供の頃はベタベタにマーガリンを塗って食べてました!
いまさらながら、口にしないようにしています!
line
line

FC2Ad

line
☆ヒーリング整体のメニュー
line
☆サイトマップ
line
☆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
☆プロフィール

はまゆふ

セラピスト:はまゆふ
アロマ環境協会認定インストラクター。臼井レイキ、サードディグリー修了。ボディセラピストスクール卒業後、リラクゼーション整体サロンも経験。自宅でアロマ化粧品の講習、リラクゼーション、レイキヒーリング、天使のアチューンメントを提供。

line
☆recent posts
line
☆recent comments
line
☆リンク
line
☆counter
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。