スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

精油が自由に入手できるありがたさ

精油が自由に入手できる現状がどれだけありがたいことか。自由とは、役所からの規制が今のところ、ないことです。規制が入れば、値段も上がったり、ちょっとでもリスクのある精油は買えなくなったり、豊かで創造的なアロマテラピーは失われてしまうことでしょう。

厚生労働省が、一般用医薬品の67%(1類・2類)のネット販売を2009年6月から禁止しようとしています(薬事法施行規則改正)。直接手渡しでないからという笑止な理由だそうですが、実際は天下りなどで癒着している薬局の業界団体の利益を維持しようとする動きでしょう。

規制の対象にはパブロンとかルルとかガスター10のような、ごく一般的な風邪薬や胃薬まで含まれています。薬局の業界団体と結託した規制をかけようとしています。私はできるだけ風邪薬や胃薬は使わない立場ですが、それとこの問題とは別です。

このような規制をゆるしていたら、延長線上にはアロマテラピーへの規制強化もあり得ます。今の調子でアロマテラピーが普及してくれば、医薬品・化粧品業界の利益を代表する厚生労働省が規制の網をかけようとしてくる可能性があります。


今のところ精油は雑貨扱いなので規制を免れていますが、先々はわかりません。「精油も対面販売に限定」なんて規制をされたら困ってしまいますね。ご存じのとおり、精油もネットショップの方がかなり安く買うことができます。余計な人件費や店舗運営費のかからないネット販売だからこそ、良いものを低価格で供給できています。


という趣旨で・・・楽天でやってるネット署名に参加してきました。楽天のIDを持っている方は入力なしで簡単にできますので、厚生労働省のアナクロな規制に疑問の方はぜひどうぞ~。


規制の根拠として、鎮静剤をネット販売でたくさん買って問題が起きた件をあげてますが、的外れです。対面販売でも鎮静剤は大量に買える実態です。ひとつの店で2箱買って別の店を回れば。
ケンコーコムなどが参加する日本オンラインドラッグ協会が都内の薬局8店舗で鎮静剤を購入して調査したら、全店で2箱以上同時に購入できた他、適正使用の情報提供がされた店は1店舗だけでした。薬局といっても実態は、ただ売るだけ・・なんで。大量購入のリスクはネットでも薬局でも変わりません。

署名をしなくても、自分の意思をクリアにすれば、エネルギーとなります。いつまでも精油が自由に手に入ることを望む私は、現行の医薬品・化粧品販売の規制を強化する動きにも、反対の立場を明らかにしたいと思います(*^^)v

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
☆ヒーリング整体のメニュー
line
☆サイトマップ
line
☆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
☆プロフィール

はまゆふ

セラピスト:はまゆふ
アロマ環境協会認定インストラクター。臼井レイキ、サードディグリー修了。ボディセラピストスクール卒業後、リラクゼーション整体サロンも経験。自宅でアロマ化粧品の講習、リラクゼーション、レイキヒーリング、天使のアチューンメントを提供。

line
☆recent posts
line
☆recent comments
line
☆リンク
line
☆counter
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。